若年層の聴力、最大20歳老化 過去20年、携帯プレーヤー影響

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
40代以下の聴力低下は、携帯音楽プレーヤー利用の影響が指摘されている=東京都千代田区で2021年3月25日午後2時40分ごろ、大場あい撮影
40代以下の聴力低下は、携帯音楽プレーヤー利用の影響が指摘されている=東京都千代田区で2021年3月25日午後2時40分ごろ、大場あい撮影

 40代以下の日本人の聴力は、2000年以降に低下が進んでいることが世界最大規模の聴力データ解析で分かったと、慶応大などの研究チームが英医学誌ランセット・リージョナル・ヘルスで発表した。一般的に聴力は加齢に伴って低下するが、約20年間で最大20歳の老化に相当するほど低下していた。

 世界保健機関(WHO)は、「安全でない音楽鑑賞の習慣により、難聴のリスクにさらされている」と、携帯音楽プレーヤーの普及による聴力への悪影響に警鐘を鳴らしているが、若年層の聴力低下の実態はこれまで不明だった。

 研究チームは、国立病院機構東京医療センター(東京都目黒区)で00~20年に得られた約3万人分の聴力データのうち、耳の病気で聴力が低下していた人を除く10~99歳の1万681人分を解析した。聴力は、音の高さ(125~8000ヘルツ)と、音の大きさ(0~110デシベル)を組み合わせて評価。聴力データはこれまで、日本で1000人規模のものがあったが、精度などに課題があった。米国では5000人規模のもの…

この記事は有料記事です。

残り1333文字(全文1777文字)

あわせて読みたい

ニュース特集