「日本は2030年までに再エネ50%を」RE100企業が書簡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
海岸に立つ風力発電機=北海道寿都町で2020年8月27日午後2時39分、高橋由衣撮影
海岸に立つ風力発電機=北海道寿都町で2020年8月27日午後2時39分、高橋由衣撮影

 100%再生可能エネルギー由来の電力調達を宣言する国際的な企業連合「RE100」(本部・英国)は、日本の2030年度の電力供給に占める再エネ比率の目標を、現行の22~24%から50%に拡大するよう求める書簡を政府に提出した。

 RE100は14年に英国で発足。米IT企業のグーグルやアップル、スイスの食品大手ネスレなど、事業で使用する電力を太陽光や風力などの再エネで100%まかなうことを目指す世界の290社以上が加盟し、日本からも現在50社が参加している。菅義偉首…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文583文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集