特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

公式戦初打席で放った今大会第1号アーチ 東海大菅生の鈴木悠平

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【聖カタリナ学園-東海大菅生】二回裏東海大菅生無死、鈴木悠が今大会第1号となる左翼線本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2021年3月24日、藤井達也撮影
【聖カタリナ学園-東海大菅生】二回裏東海大菅生無死、鈴木悠が今大会第1号となる左翼線本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2021年3月24日、藤井達也撮影

 待望の今大会初本塁打を放ったのは、公式戦初打席の背番号「17」――。兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開催中の第93回選抜高校野球大会は第5日の24日、第1試合の聖カタリナ学園(愛媛)―東海大菅生(東京)の1回戦で、二回に東海大菅生の鈴木悠平右翼手(2年)が左翼ポール際にソロ本塁打を放った。今大会13試合目で飛び出した大会第1号は、金属バットが登場した第47回大会(1975年)以降で最も遅く、センバツでは令和になって初の本塁打となった。

 鈴木悠は「6番・右翼」で先発出場。二回に先頭打者で右打席に立つと、3ボール1ストライクから120キロの浮いたスライダーを引っ張り、打球は左翼ポールを回り込むようにスタンドに飛び込んだ。三塁塁審が何度も右手を回すと、鈴木悠は一塁ベース付近で軽くガッツポーズを作った。

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文686文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集