特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

聖カタリナ学園、想定外だった東海大菅生の先発 選抜高校野球

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【聖カタリナ学園-東海大菅生】三回裏東海大菅生1死一塁、千田(奥)に左越え2点本塁打を打たれた聖カタリナ学園先発の桜井=阪神甲子園球場で2021年3月24日、平川義之撮影
【聖カタリナ学園-東海大菅生】三回裏東海大菅生1死一塁、千田(奥)に左越え2点本塁打を打たれた聖カタリナ学園先発の桜井=阪神甲子園球場で2021年3月24日、平川義之撮影

 第93回選抜高校野球大会は第5日の24日、1回戦が行われ、春夏通じて初出場の聖カタリナ学園(愛媛)は、九回に1点差に迫ったものの、東海大菅生(東京)に3-4で惜敗した。

聖カタリナ学園・小沢武門主将

 1点差に追いつけたが、自分たちの力を最大限に発揮できたところと、発揮できなかったところがある。1勝を目標に掲げていたができなかった。初出場だったので、自分たちが1勝でも多く勝って、代々に受け継ぎたかった。

 相手の(背番号1の)本田(峻也)投手はU15(15歳以下日本代表)に選ばれており、打つのが困難なので、対策をしてきた。ただ、(試合では先発が)違う投手(鈴木泰成投手)で打ち崩せなかった。

この記事は有料記事です。

残り745文字(全文1041文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集