特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

東海大菅生・若林監督「先発の鈴木泰成に尽きる」 選抜高校野球

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【聖カタリナ学園-東海大菅生】力投する東海大菅生先発の鈴木泰=阪神甲子園球場で2021年3月24日、平川義之撮影 拡大
【聖カタリナ学園-東海大菅生】力投する東海大菅生先発の鈴木泰=阪神甲子園球場で2021年3月24日、平川義之撮影

 第93回選抜高校野球大会は第5日の24日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で1回戦が行われた。6年ぶり4回目出場の東海大菅生(東京)は、初出場の聖カタリナ学園(愛媛)を4-3で破り、センバツ初勝利を挙げた。

東海大菅生・若林弘泰監督

 先発の鈴木(泰成投手)が試合をちゃんと作ってくれた。そこに尽きる。試合前、選手らに「100%の力を出そうとすると力んでしまうので、7、8割の力で」と伝えた。それが良かったかなと思う。(最後は追いつかれそうになったが)千田(光一郎投手)はよく粘ってくれた。

 相手の桜井(頼之介)投手の投球がいいので、なかなか打てずにロースコア(の展開)になると思っていた。想定内といえば想定内だった。越智監督の野球は非常にきっちりしている。オーソドックスで細かいところをきちっとやっていくというのが今日も徹底されていた。読みやすいといえば読みやすいが、ちょっと嫌らしいなと思うところもあった。

 本塁打を打った2人は狙い通りに打ってくれた。試合前から「スライダーを狙っていこう」という話をしていた。大会初本塁打は意外だったが、2人とも力のある選手なので当たれば出るかなと。

 今後は無駄な点をやらないというところからしっかり引き締めていきたい。パスボール(と暴投)での2点は悔やまれる。この先、接戦に勝つためには無駄な点をあげないことが重要になってくると思う。

【聖カタリナ学園-東海大菅生】二回裏東海大菅生無死、鈴木悠が今大会第1号となる左翼線本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2021年3月24日、藤井達也撮影 拡大
【聖カタリナ学園-東海大菅生】二回裏東海大菅生無死、鈴木悠が今大会第1号となる左翼線本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2021年3月24日、藤井達也撮影

栄塁唯主将「練習試合の雰囲気で」

 試合の後半は流れが悪くて「相手に(流れが)いってしまうかな」と思っていた。だが八回に(小池祐吏選手の)犠飛で1点を追加して、流れも引き寄せることができた。九回の最終盤もヒヤヒヤしていたが、千田(光一郎投手)が気持ちで投げてくれた。

 球場に入った瞬間は「ここが小さいころから夢見てきた甲子園なんだな」と思った。試合では緊張することなく、練習試合のような雰囲気で臨めた。センバツに出場するのは4回目で、初勝利がなかった。だからこそ二回の(鈴木悠平選手の)本塁打のような1点は必要だったので、うれしかった。自分もヒットを打ち、打撃は良い感じ。継続できるようにがんばりたい。

全31試合を動画中継

 公式サイト「センバツLIVE!」では、大会期間中、全31試合を中継します(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/2021)。また、「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)でも展開します。

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集