特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

強風にも負けないサンドウィッチマン 今年も聖火式典に登場

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
強風のため聖火皿(右)への点火作業が難航し、会場で待つ人のためショートコントを披露するサンドウィッチマンの2人=宮城県石巻市の石巻南浜津波復興祈念公園で2020年3月20日午後3時22分、和田大典撮影
強風のため聖火皿(右)への点火作業が難航し、会場で待つ人のためショートコントを披露するサンドウィッチマンの2人=宮城県石巻市の石巻南浜津波復興祈念公園で2020年3月20日午後3時22分、和田大典撮影

 「石巻の窮地」を救ったM―1グランプリ王者が、今年も聖火の記念日を祝いに駆けつける。25日に福島県で開催される東京オリンピックの国内聖火リレー出発式典に、お笑いコンビ「サンドウィッチマン」の伊達みきおさん(46)と富澤たけしさん(46)が参加し、盛り上げ役を担う。

 2020年3月20日。ギリシャで採火された聖火は宮城県東松島市の航空自衛隊松島基地に到着した。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため無観客となったセレモニーには、聖火リレー公式アンバサダーを務めるサンドウィッチマンの姿もあった。式典後、2人は一般への初お披露目のため、聖火が入ったランタンを会場の石巻南浜津波復興祈念公園に運んだ。

 しかし、その日は午前中から強い風が吹いていた。ランタンの聖火を聖火皿に移そうとしたが、強風のため作業は難航。寒空で待つ人々を和ませたのが地元宮城県出身のサンドウィッチマンだった。

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文889文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集