連載

特集ワイド

「人だかりがする」ニュースを目指して、読み応え十分の記事をラインアップ。

連載一覧

特集ワイド

クマ注意 被害多発のナゼ 東京農業大教授・山崎晃司さん

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
県内では例年を上回るクマの目撃情報が寄せられた。写真はツキノワグマ=県自然保護課提供
県内では例年を上回るクマの目撃情報が寄せられた。写真はツキノワグマ=県自然保護課提供

 本州の奥深い山々を中心に生息するツキノワグマ。動物園で見たことがある人も多いだろう。山では雪解けが始まり、そろそろ冬眠から目覚めて活動を活発化させるころだ。そのツキノワグマが人を襲ってけがをさせる事例が近年多発している。いったいなぜなのか。クマの生態に詳しい東京農業大教授の山崎晃司さん(59)に聞いた。

この記事は有料記事です。

残り2712文字(全文2865文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集