連載

花谷寿人の体温計

政治や社会の出来事が人々に与える影響を「体温」として読み解く、花谷寿人論説委員のコラム。

連載一覧

花谷寿人の体温計

つながりを選んだ人

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 その人に思い切って尋ねた。

 「お母さんが自ら命を絶った時のことなのですが……」。取材というよりも、一人の人間として聞きたかった。

 弁護士の和泉貴士さん(45)。自死遺族の支援を続けている。東京都町田市の事務所。「今思えば、母は孤独だったんだなあと」

 精神が不安定な母を見て育った。「早く大きくならなくちゃ。支えなくては」。その気持ちがずっと強かった。2006年の秋。和泉さんに司法試験の不合格通知が届く。試験を受けるチャンスはあと1回しかない。母が自死したのは、その直前だった。

 それから1年間をどう過ごし、勉強したのか、あまり覚えていない。それでも翌年、合格した。

この記事は有料記事です。

残り578文字(全文862文字)

あわせて読みたい

注目の特集