特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

希望の灯、なでしこ先陣 聖火リレー、福島スタート

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
聖火リレーのスタートに臨む、なでしこジャパンのメンバーら。トーチに点火するのは岩清水梓選手=福島県のJヴィレッジで2021年3月25日午前9時39分(代表撮影)
聖火リレーのスタートに臨む、なでしこジャパンのメンバーら。トーチに点火するのは岩清水梓選手=福島県のJヴィレッジで2021年3月25日午前9時39分(代表撮影)

 東日本大震災の被災地に勇気を届けたイレブンが、聖火リレーの先陣を切った。25日、福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」(楢葉町、広野町)を出発した東京オリンピックの聖火リレー。第1走者を務めたのは、2011年サッカー女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会で初優勝した日本代表「なでしこジャパン」のメンバーだ。「震災の被災者と全ての国民に、困難に立ち向かう勇気と爽やかな感動を与えた」と国民栄誉賞も受賞した。

 聖火リレーのメンバー16人が会場に入り、監督を務めた佐々木則夫さん(62)が「国立競技場へ希望の光を届けたい。日本の皆さん、チーム一丸となって頑張ってまいりましょう」と呼び掛けて聖火リレーがスタートした。

この記事は有料記事です。

残り865文字(全文1170文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集