教職員1532人異動 新規採用325人 女性管理職37.8% /石川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県教委は24日、2021年度の小・中・高校、特別支援学校の教職員人事(4月1日付)を発表した。20年度末で定年退職のピークを迎えることなどから、全体では前年度比25人増の1532人となった。校長や教頭など管理職に新たに就く女性は79人で、女性管理職の総数は同17人増の263人。全体に占める割合は37・8%で、全国の都道府県教委の中でトップだった20年度からさらに2・7ポイント増えた。

 新規採用者は325人で、11年連続で300人を超えた。また22年度の教員採用試験について、筆記など=7月17日▽実技=同18日▽面接=同31日または8月1日――とする日程も発表した。【阿部弘賢】

この記事は有料記事です。

残り2803文字(全文3095文字)

あわせて読みたい

注目の特集