特集

Gender×JAPAN

東京五輪を前に次々と明らかになった日本の深刻なジェンダーギャップ。意識のアップデートのために何が必要?

特集一覧

声をつないで

国際女性デー2021 自律的キャリア形成評価 厚労省イノベーション賞、上田「はたらクリエイト」受賞 /長野

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「働き方の新しい取り組みを常に仕掛けています」と語る高木奈津子さん。従業員は9割が女性だ=長野県上田市中央2のはたらクリエイトで2021年3月24日、錦織祐一撮影
「働き方の新しい取り組みを常に仕掛けています」と語る高木奈津子さん。従業員は9割が女性だ=長野県上田市中央2のはたらクリエイトで2021年3月24日、錦織祐一撮影

幅広い勤務時間、子連れ出勤…

 上田市のオフィス業務代行会社「はたらクリエイト」が、厚生労働省の「グッドキャリア企業アワード」でイノベーション賞を受賞した。同社は従業員約120人のうち9割が女性。勤務時間は月60~160時間を幅広く選べ、働き方も在宅勤務に加え、オフィスに託児所を併設して子連れ出勤もできるなど、従業員が自律的にキャリアを形成できる取り組みが評価された。

 井上拓磨社長(41)は2008年に妻の出身地の上田に移住してフリーランスでシステム開発などに取り組んでいたが、「産業構造が限定的な地方では女性の働き方に限りがあり、せっかくのマンパワーが生かされていない」と感じたのを機に15年、託児所とキッチンスタジオを備えた女性向けのコワーキングスペース「HanaLab.UNNO(ハナラボウンノ)」(上田市中央2)を開設。17年には「はたらクリエイト」を設立し…

この記事は有料記事です。

残り730文字(全文1114文字)

【Gender×JAPAN】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集