新型コロナ 美濃加茂・木沢病院、感染収束 231人陽性、死者26人 /岐阜

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県は、231人まで拡大した木沢記念病院(美濃加茂市)のクラスター(感染者集団)が収束したと発表した。死者は高齢者を中心に入院患者ら26人に上った。県によると、PCR検査した上で入院させていたが、感染者なのに陰性の結果が出た人が複数いたため、気付かぬまま、患者や職員を介し、病室や病棟を越えて拡大した可能性があるという。

 県によると、2月2日に病院から最初の感染報告があった。3月7日までに職員97人、患者94人、職員や患者の家族ら40人の陽性が判明。その後、新たな感染者が14日間出なかったとして、22日に収束を確認した。

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文494文字)

あわせて読みたい

注目の特集