プラ新法、立憲対案 5月にも提出 削減策を具体化

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 プラスチック製品の使用削減に向け、立憲民主党は新法案を5月にも今国会に提出する方針を固めた。プラ製品削減量の数値目標を定めるほか、公共施設でペットボトルの販売を抑制することを国や自治体の責務として明記することなどを検討している。政府も9日にプラスチック資源循環促進法案を閣議決定し近く国会提出するが、立憲は政府案では削減対策が不十分だとして、対策を具体的に明記。名称も「プラスチック廃棄物削減推進法」とする方向で調整し…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文527文字)

あわせて読みたい

注目の特集