自民県議団と摩擦 「優柔不断」と批判も 福岡・小川県政の10年

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
政府が緊急事態宣言の対象に福岡県を追加する決定を受け、記者会見する小川洋知事=福岡市の福岡県庁で2021年1月13日午後8時5分、吉川雄策撮影
政府が緊急事態宣言の対象に福岡県を追加する決定を受け、記者会見する小川洋知事=福岡市の福岡県庁で2021年1月13日午後8時5分、吉川雄策撮影

 肺腺がんで治療中の小川洋前知事(71)の辞職に伴う福岡県知事選が25日告示された。小川氏は2011年4月に就任。任期半ばで終わった約10年間の小川県政を振り返る。

初登庁の日、幹部が忘れられない言葉

 「あの絵、ずれてるよ」

 2011年4月25日、小川洋知事(71)が県庁に初登庁した際、庁内の一室に飾られていた絵を見て発した第一声だ。10年前の言葉を今も忘れないという福岡県の幹部は「とにかく細かなところに目が行く人だった」と語る。

 論理的で、細かくて、頑固――。そんな評判が終始つきまとった小川氏と最後まで相いれなかったのが…

この記事は有料記事です。

残り992文字(全文1255文字)

あわせて読みたい

注目の特集