柏崎刈羽原発、再稼働遠のく 住民「トラブル隠し変わってない」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新潟県の東京電力柏崎刈羽原発=本社機「希望」から西本勝撮影
新潟県の東京電力柏崎刈羽原発=本社機「希望」から西本勝撮影

 東京電力柏崎刈羽原発のセキュリティー不備を巡り、原子力規制委員会が24日、東電に事実上の「再稼働準備禁止命令」を出す方針を決めた。1年以上、再稼働に必要な核燃料装着ができなくなる見通し。東電が目指す再稼働は遠のくばかりだ。【内藤陽、井口彩】

 「設備は復旧しているけれども、今の時点で柏崎刈羽の核物質防護が弱くなっていないとは言えない。(核燃料を)移動させないのが防護として有効だ」。更田豊志委員長はこの日の記者会見で、命令の意図をこう説明し、東電に対する「ペナルティー」ではないと強調した。

 だが東電にとっては、結果として早期再稼働の可能性を法的に断たれたことになる。規制委によると、東電はセキュリティーの不備に関し、約半年間かけて報告書を規制委に提出する必要がある。さらに規制委の追加検査にも1年以上かかる。これが終わらなければ核燃料を装着できない見通しになった。

この記事は有料記事です。

残り1328文字(全文1712文字)

あわせて読みたい

注目の特集