特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナワクチン接種の抗体持続時間、追跡調査 厚労相が計画表明

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
田村憲久厚労相
田村憲久厚労相

 田村憲久厚生労働相は25日の参院予算委員会で、新型コロナウイルスのワクチンについて、接種の効果がどの程度持続するかの追跡調査を計画していることを明らかにした。厚労省は専門家らによる研究班を設け、今後接種を始める高齢者や一般の人を対象に、血液中の抗体価(抗体の量)を時間の経過を追って調べることなどを検討している。

 新型コロナのワクチンは開発されて間もなく、抗体の持続期間は世界的にも明らかになっていない。追跡調査の内容や規模は厚労省で具体化を急ぐ。米ファイザーは日本人160人を対象に国内で行った治験で1年後まで抗体価を調べるなど追跡するとしているが、立憲民主党の福山哲郎氏は国内治験は小規模で、2巡目の調達計画にも関わるとして「(国主体で)有効性をターゲットとする調査が必要だ」と指摘。田村氏は「国でも、これか…

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文604文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集