N国東大阪市議の当選無効 「住所要件備えず」 大阪高裁判決

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大阪高裁=大阪市北区で、曽根田和久撮影
大阪高裁=大阪市北区で、曽根田和久撮影

 2019年9月の東大阪市議選で当選した「NHKから国民を守る党」(現・NHK受信料を支払わない方法を教える党)の嶋谷昌美市議は市内での居住実態がないとして、次点で落選した候補が当選無効を求めた訴訟の判決で、大阪高裁は25日、当選を無効とした。中村也寸志裁判長は「被選挙権に必要な住所要件を備えていない」と判断した。

 公選法では、当該市町村に投票日の3カ月以上前から住んでいる場合に被選挙権があると規定している。

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文495文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集