かしいかえん閉園 老朽化、コロナ…来園者減少に歯止めかからず

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
今年限りでの閉園が決まった「かしいかえんシルバニアガーデン」=福岡市東区で2021年3月25日午後4時24分、徳野仁子撮影
今年限りでの閉園が決まった「かしいかえんシルバニアガーデン」=福岡市東区で2021年3月25日午後4時24分、徳野仁子撮影

 西日本鉄道は25日、福岡市東区の遊園地「かしいかえん シルバニアガーデン」を12月30日で閉園すると発表した。1956年に開園し、チューリップやバラなど季節の花々や観覧車などの遊具で親しまれたが、施設の老朽化や新型コロナウイルスの感染拡大で来園者が減少し、半世紀以上の歴史に幕を下ろすことを決めた。

 「西鉄香椎花園」として開園。観覧車やジェットコースターなどの遊具や「西日本こども博」などのイベントで集…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文505文字)

あわせて読みたい

注目の特集