マイナンバー4000件誤入力 厚労省、カードの保険証利用延期

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
マイナンバーカードのイメージ=総務省提供
マイナンバーカードのイメージ=総務省提供

 マイナンバー(個人番号)カードを健康保険証として利用できる新システムで公的医療保険の加入者約4000人分の個人番号が他人と取り違えるなど誤入力されていたことが分かった。患者が受診する際、他人の個人情報が医療機関の端末に表示されるおそれもあるという。他にも患者情報が確認できないトラブルが相次ぎ、厚生労働省は予定していた3月下旬の本格運用を遅ければ10月に延期する。

 政府はカードを普及させるため、保険証との一体化を計画。受診時の本人確認がカードで済むオンラインシステムを構築し、健康保険組合など保険者に加入者のデータをシステムに登録するよう求めていた。今月4日から一部医療機関と薬局で試験運用を始めた。

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文729文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集