特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

専大松戸・持丸監督、ランニング本塁打の守備評価 選抜高校野球

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【専大松戸-中京大中京】二回表専大松戸2死、加藤が左中間に長打を放ち、三塁へヘッドスライディング=阪神甲子園球場で2021年3月25日、山崎一輝撮影 拡大
【専大松戸-中京大中京】二回表専大松戸2死、加藤が左中間に長打を放ち、三塁へヘッドスライディング=阪神甲子園球場で2021年3月25日、山崎一輝撮影

 第93回選抜高校野球大会は第6日の25日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で1回戦の最後の1試合が行われ、センバツ初出場の専大松戸(千葉)は投手戦の末、0-2で中京大中京(愛知)に惜敗した。

専大松戸・持丸修一監督

 序盤からストライクはどんどん打っていこうというのが全員の意見。1球目から(振って)いった。ただ2死からのチャンスが多かった。

 (深沢鳳介投手は)最高の投球。今まで見た中でも3本の指に入るくらい。「コースをどんどん突いていきなさい」という指示通りに投げてくれた。きょうは100点。(七回に打たれたランニング本塁打での守備は)後悔していない。あれくらいの(前に出る積極的な)気持ちでやってくれて良かったと思う。

 (相手の畔柳亨丞投手は)一流の投手。大事な場面では変化球を駆使し、速いボールを打たれても全然動揺しない。

 負けて悔しい思いはある。校歌と校旗を揚げたかったが、それができなくてちょっと残念。もっと投攻守すべての面で、精度を上げたい。でも(秋からの成長は)素晴らしかった。半年あれば、もっと成長するのではないか。後は勝負強さをつけないと。大事な場面での打撃なり、守備なりを作っていかないとトップクラスに肩を並べられないのかなと思う。

【専大松戸-中京大中京】専大松戸先発の深沢=阪神甲子園球場で2021年3月25日、津村豊和撮影 拡大
【専大松戸-中京大中京】専大松戸先発の深沢=阪神甲子園球場で2021年3月25日、津村豊和撮影

石井詠己主将「好投手との対戦、経験に」

 相手(の畔柳亨丞投手)が好投手だと頭には入っていたが、それ以上に球ののびがあった。攻略方法が早くつかめれば、1点、2点は取ることはできたと思う。

 (深沢鳳介投手は)大舞台でここまで抑えられるのは素直にすごい。(昨秋から)球速は上がり、ピンチでもコントロールが乱れないのが持ち味。普段はおちゃらけているが、野球の時は人一倍集中して、野球と私生活のメリハリがある。

 (加藤大悟捕手は)年下でも関係なく、何回もタイムをかけてマウンドに行っている。リード面でも頼れる捕手。

 攻撃力でまだまだ力が足りない。高めの球に手を出すなと言われていたが、出てしまった。チームで決めたことを徹底する力を、夏までに身につける。日本のトップレベルの投手と対戦できたことは、これからの経験に生きると思う。後はそういう投手をどうやって攻略するか。好投手は簡単に打てないのは分かっているので、個人個人で対応できる方法を見つけていきたい。夏までに引き出しを増やしたい。

全31試合を動画中継

 公式サイト「センバツLIVE!」では、大会期間中、全31試合を中継します(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/2021)。また、「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)でも展開します。

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集