特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

健大高崎、天理に「野球やらせてもらえなかった」 選抜高校野球

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【天理-健大高崎】健大高崎の2番手として登板した今仲=阪神甲子園球場で2021年3月25日、津村豊和撮影 拡大
【天理-健大高崎】健大高崎の2番手として登板した今仲=阪神甲子園球場で2021年3月25日、津村豊和撮影

 第93回選抜高校野球大会は第6日の25日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で2回戦があり、健大高崎(群馬)は天理(奈良)に0-4で敗れた。

健大高崎・青柳博文監督

 達(孝太)投手はいいピッチャーだと十分承知していたが、思った以上に球が切れていて、変化球の精度も良かった。完敗だった。何より長身から投げ下ろす角度が他の投手とは違う。角度のある投手をどう打つか、今後の課題だ。

 きょうは全く野球をやらせてもらえなかった。(チームで)2安打。うちの駄目なところが出た。劣勢になると負の連鎖というか。終盤焦ってボール球に手を出して凡打の山を築いてしまった。

 打線を売りにしてやってきたことは間違いでない。これから先、いい投手からいかに点を取るか。全国の上位で戦えるチームを作っていきたい。

 (先発に起用した)野中(駿哉投手)は、秋からずっと試合を作ってくれた。いろんな落ち方をするツーシーム系の球が有効かなと思ったが、初回からタイミングが合っていた。終盤は高松(将斗投手)と思っていた。今仲(泰一投手)でも良かったが肘の心配があるので。その高松が点を取られた。あそこは悔やまれる。

 今仲は夏に向けて大きな収穫。けがをしてトレーニングの重要性を認識して、体も大きく、球の走り、制球も良くなった。これからが楽しみ。

【天理-健大高崎】健大高崎先発の野中=阪神甲子園球場で2021年3月25日、津村豊和撮影 拡大
【天理-健大高崎】健大高崎先発の野中=阪神甲子園球場で2021年3月25日、津村豊和撮影

小沢周平主将、達は「一番いい投手」

 達(孝太)投手にやられたという感じ。自分たちもストレートをフルスイングしていこうとしたが、そのスイングを上回る球を投げられた。ストレートだけでなく、スライダーも今まで対戦した中で一番いい投手だった。きょう対戦できたことが、自分たちの大きな成長につながると思う。

 (長身の達投手対策で、打撃投手に台の上から投げてもらったが)イメージがつくので、やらないよりはやった方がいいが……。生きた球、いい球を投げられて、自分たちのスイングがまだまだと実感した。(敗因は)打てずに出塁できなかったことが大きい。どんどん相手バッテリーのペースに乗せられてしまった。

 (今大会2試合を通して)どんな場面でも自分たちの野球をしようという気持ちでプレーするなど、気持ちの面では成長したが、自分たちの野球はできなかった。もっともっと練習して「夏」に向かって(課題解消に)取り組んでいきたい。

全31試合を動画中継

 公式サイト「センバツLIVE!」では、大会期間中、全31試合を中継します(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/2021)。また、「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)でも展開します。

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集