風力発電アセス規制を大幅緩和 1万キロワット→5万キロワット

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 経済産業省と環境省の合同有識者会議は25日、風力発電の環境影響評価(環境アセスメント)の要件を緩和する案をまとめた。現在は1施設当たり定格出力1万キロワット以上の施設にアセスを義務付けているが、同5万キロワット以上に対象を絞る。脱炭素社会の実現に向け、風力の大量導入を進める狙いがある。

 河野太郎行政改革担当相が主宰する再生可能エネルギーの規制改革を進める有識者会議が昨年12月、風力発電のアセス手続きの長期化などの問題…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文529文字)

あわせて読みたい

注目の特集