フィギュアスケート 世界選手権

男子 フリー 速報 = 2021年 3月27日 ストックホルム

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

60秒で自動更新

  • ON
  • OFF
【フィギュアスケート世界選手権】男子表彰式で記念撮影に臨む(左から)2位の鍵山優真、1位のネーサン・チェン、3位の羽生結弦==ストックホルムで2021年3月27日、AP
【フィギュアスケート世界選手権】男子表彰式で記念撮影に臨む(左から)2位の鍵山優真、1位のネーサン・チェン、3位の羽生結弦==ストックホルムで2021年3月27日、AP

チェン圧巻演技で3連覇 鍵山2位、羽生3位、宇野4位

 来年の北京冬季五輪の出場枠獲得を懸けたフィギュアスケートの世界選手権の男子フリーが27日、ストックホルムで行われ、SP首位の羽生結弦(ANA)は182.20点のフリー4位となり、合計289.18点の3位で、4年ぶり優勝とはならなかった。SP3位のネーサン・チェン(米国)が220.03点のフリー1位で合計320.88点として、逆転で3連覇を達成した。SP2位の鍵山優真(神奈川・星槎国際高横浜)はフリー2位で合計291.77点の2位。宇野昌磨(トヨタ自動車)はフリー3位の合計277.44点で4位だった。

▶写真で振り返る男子頂上決戦

▶羽生に何が? 演技を自己分析

▶男子SP 羽生、鍵山が100点超え

▶女子フリー 紀平まさかの結果に

男子最終結果

順位選手名総合得点(SP・フリーの順位)
1ネイサン・チェン(米国)320.88(3位・1位)
2鍵山優真(神奈川・星槎国際高横浜)291.77(2位・2位)
3羽生結弦(ANA)289.18(1位・4位)
4宇野昌磨(トヨタ自動車)277.44(6位・3位)
5ミハイル・コリヤダ(FSR)272.04(4位・5位)
6キーガン・メッシング(カナダ)270.26(5位・6位)
7ジェイソン・ブラウン(米国)262.17(7位・8位)
8エフゲニー・セメネンコ(FSR)258.45(10位・7位)
9ケビン・エイモズ(フランス)254.52(9位・9位)
10チャ・ジュンファン(韓国)245.99(8位・13位)
11マッテオ・リッツォ(イタリア)245.37(11位・11位)
12ダニエル・グラッスル(イタリア)242.81(15位・10位)
13ハン・ヤン(中国)235.31(12位・14位)
14モリス・クヴィテラシヴィリ(ジョージア)231.81(21位・12位)
15ルーカス・ブリッチギー(スイス)225.55(17位・16位)
16アレキサンドル・セレフコ(エストニア)222.06(24位・15位)
17コンスタンティン・ミリュコフ(ベラルーシ)221.33(16位・17位)
18デニス・ヴァシリエフス(ラトビア)213.05(14位・18位)
19ミハル・ブレジナ(チェコ)210.73(13位・21位)
20ドノバン・カリーロ(メキシコ)204.78(23位・19位)
21イワン・シュムラトコ(ウクライナ)204.17(22位・20位)
22ボーヤン・ジン(中国)199.15(19位・22位)
23ニコライ・マヨロフ(スウェーデン)192.79(20位・23位)
24アレクセイ・ビシェンコ(イスラエル)190.45(18位・24位)

▶羽生、4回転半ジャンプに向け肉体改造

▶日本、北京五輪出場枠「3」獲得

最終グループ終了

最終滑走 羽生結弦(ANA)

【フィギュアスケート世界選手権】男子フリーで演技する羽生結弦=ストックホルムで2021年3月27日、AP
【フィギュアスケート世界選手権】男子フリーで演技する羽生結弦=ストックホルムで2021年3月27日、AP

26歳。昨年12月の全日本選手権は5年ぶり優勝。20年4大陸選手権で初優勝し、男子で初めてジュニア、シニアの主要国際大会を全制覇。五輪2連覇後も進化を続ける。SPではロック調のリズムに乗り、ほぼ完璧な演技を見せた。フリーは上杉謙信を描いた大河ドラマのテーマ曲。「戦いへの考え方、美学が少し似ている」と思いを語る。

SP1位=106.98

曲は「天と地と」

【フィギュアスケート世界選手権】男子フリーで演技する羽生結弦=ストックホルムで2021年3月27日、AP
【フィギュアスケート世界選手権】男子フリーで演技する羽生結弦=ストックホルムで2021年3月27日、AP

苦しい結果となった。冒頭の4回転ループは着地が乱れ、手をついてしまった。4回転サルコウもバランスを崩し、新ルールの回転不足判定となった。次は連続ジャンプを予定していたが、1本目のトリプルアクセルで着地が乱れて単独に。スピン、ステップは羽生らしく丁寧に滑りきった。しかし、後半になっても表情はやや硬めのまま。4回転、3回転の連続トーループは成功。4回転トーループからの3連続ジャンプも決めたが、最後は、トリプルアクセルを連続ジャンプにできずリピートに。演技直後は顔をしかめた。

得点:182.20(技術点89.78、演技構成点94.42)

総合得点:289.18

逆転優勝ならず、3位。

▶今回「優勝」を口にしなかった羽生

▶羽生「どんどんバランスが…」

▶北京五輪へは「ベスト尽くし心待ちに」


第23滑走 鍵山優真(神奈川・星槎国際高横浜)

【フィギュアスケート世界選手権】男子フリーで演技する鍵山優真=ストックホルムで2021年3月27日、AP
【フィギュアスケート世界選手権】男子フリーで演技する鍵山優真=ストックホルムで2021年3月27日、AP

17歳。羽生結弦、宇野昌磨らが出場する全日本選手権で2年連続3位。シニアに転向した今シーズンは、GPシリーズ初出場で初優勝。父はコーチで元五輪代表の鍵山正和さん。SPでは、世界選手権初出場ながら堂々のノーミス演技で、羽生に続いて100点超え。表彰台を狙う。

SP2位=100.96

曲は「アバター」より

【フィギュアスケート世界選手権】男子フリーで演技する鍵山優真=ストックホルムで2021年3月27日、AP
【フィギュアスケート世界選手権】男子フリーで演技する鍵山優真=ストックホルムで2021年3月27日、AP

きょうも落ち着いてリンクイン。冒頭、4回転サルコウをクリーンに成功。続く4回転、3回転の連続トーループは3点以上の加点がつく出来映えとなった。この勢いで前半のジャンプ計4本すべて成功させた。後半最初のトリプルアクセルからの3連続ジャンプも決まった。そのあとの、3回転の連続ジャンプとトリプルアクセルでは着地が乱れてしまったが、気持ちを切らさず、最後まで堂々とした演技を見せた。

得点:190.81(技術点102.39、演技構成点88.42)

総合得点:291.77

この時点で2位。メダル確定。大喜び。

▶鍵山 結果に「動揺を隠せなかった」


第22滑走 ネーサン・チェン(米国)

【フィギュアスケート世界選手権】男子フリーで演技するネーサン・チェン=ストックホルムで2021年3月27日、AP
【フィギュアスケート世界選手権】男子フリーで演技するネーサン・チェン=ストックホルムで2021年3月27日、AP

大会2連覇中の21歳。2018年の世界選手権以降、出場大会で負けなし。5種類の4回転ジャンプを高い完成度で飛ぶ。今大会は、SPでは珍しくジャンプで転倒するなどミスが出た。

SP3位=98.85

曲はフィリップ・グラス セレクション

3連覇を果たしたチェンのフリー演技=AP
3連覇を果たしたチェンのフリー演技=AP

チェンらしいノーミス演技が戻った。冒頭、高さのある4回転ルッツは4点近い出来映え点。続く4回転フリップ、3回転トーループの連続ジャンプも危なげなく成功。4回転サルコウも決めた。後半も、4回転トーループからの3連続ジャンプを飛ぶなど、4回転ジャンプは計5本すべて成功。終始、力強くキレのある動きで、現王者らしい圧巻の演技を見せつけた。

得点:222.03(技術点125.89、演技構成点96.14)

総合得点:320.88

300点超えで暫定トップに


第21滑走 ミハイル・コリヤダ(FSR)

【フィギュアスケート世界選手権】男子フリーで演技するミハイル・コリヤダ=ストックホルムで2021年3月27日、AP
【フィギュアスケート世界選手権】男子フリーで演技するミハイル・コリヤダ=ストックホルムで2021年3月27日、AP

18年世界選手権では3位。今季はGPシリーズ・ロシア杯、ロシア選手権で優勝。

SP4位=93.52

曲は「ホワイト・クロウ」より

得点:178.52(技術点88.82、演技構成点90.70、減点-1.00)

総合得点:272.04


第20滑走 キーガン・メッシング(カナダ)

【フィギュアスケート世界選手権】男子フリーで演技するキーガン・メッシング=ストックホルムで2021年3月27日、AP
【フィギュアスケート世界選手権】男子フリーで演技するキーガン・メッシング=ストックホルムで2021年3月27日、AP

29歳。祖先は、カナダへの日本移民第1号の永野万蔵。

SP5位=93.51

曲は「November Rain」

前半のジャンプは全て成功。終盤はジャンプにミスが出てしまったが、ギターのメロディーに合わせた伸びやかな演技で会場から歓声。

得点:176.75(技術点87.15、演技構成点89.60)

総合得点:270.26


第19滑走 宇野昌磨(トヨタ自動車)

【フィギュアスケート世界選手権】男子フリーで演技する宇野昌磨=ストックホルムで2021年3月27日、AP
【フィギュアスケート世界選手権】男子フリーで演技する宇野昌磨=ストックホルムで2021年3月27日、AP

19年の全日本選手権は「スケート人生最大の目標」だった羽生結弦を初めて破り4連覇を成し遂げた。昨シーズン途中から元世界王者のステファン・ランビエルコーチに師事。SPでは得意のトリプルアクセルを失敗したが「地に足が着いたプログラムができてよかった」。フリーでは、世界選手権で過去2回銀メダルの意地をみせたい。

SP6位=92.62

曲は「Dancing On My Own」

【フィギュアスケート世界選手権】男子フリーで演技する宇野昌磨=ストックホルムで2021年3月27日、AP
【フィギュアスケート世界選手権】男子フリーで演技する宇野昌磨=ストックホルムで2021年3月27日、AP

冒頭の4回転サルコウは着地がつまったが、続く4回転フリップは決まった。続く4回転トーループ、トリプルアクセルも着地が乱れたがこらえた。後半は持ち直し、3つの連続ジャンプを決めた。美しいピアノの旋律に合わせたステップは伸びやかに滑りきった。終盤は代名詞のクリムキンイーグル。持ち前の表現力を見せ、最後まで丁寧でキレのある演技を貫いた。演技終了後は、すぐにランビエルコーチのほうを向き、小さくガッツポーズ。リンクサイドに戻って抱き合った。

得点:184.82(技術点94.90、演技構成点89.92)

総合得点:277.44

この時点で暫定トップ

▶宇野「今できるベストだった」

▶写真で振り返る男子頂上決戦

第3グループまでの暫定順位

1位 ジェイソン・ブラウン(米国)

2位 エフゲニー・セメネンコ(FSR)

3位 ケビン・エイモズ(フランス)

第3グループ終了

第18滑走 ジェイソン・ブラウン(米国)

【フィギュアスケート世界選手権】男子フリーで演技するジェイソン・ブラウン=ストックホルムで2021年3月27日、AP
【フィギュアスケート世界選手権】男子フリーで演技するジェイソン・ブラウン=ストックホルムで2021年3月27日、AP

代名詞は高さのある美しいバレエジャンプ。これまで4回転なしで質の高い演技を武器に高得点をマークしてきたが、いよいよ4回転ジャンプに挑戦。フリーでは、4回転サルコウを予定。

SP7位=91.25

曲は「Slaughter on Tenth Avenue」

冒頭の4回転サルコウは着氷。高いバレエジャンプもしっかりと入れてきた。スピン、ステップも丁寧に滑りきった。演技後は手で顔を覆い、充実感をにじませた。

得点:170.92(技術点80.12、演技構成点90.80)

総合得点:262.17


第17滑走 チャ・ジュンファン(韓国)

羽生結弦と同じクラブの19歳。韓国選手権5連覇中。

SP8位=91.15

曲は「The Fire Within」

得点:154.84(技術点72.90、演技構成点82.94、減点-1.00)

総合得点:245.99


第16滑走 ケビン・エイモズ(フランス)

【フィギュアスケート世界選手権】男子フリーで演技するケビン・エイモズ=ストックホルムで2021年3月27日、AP
【フィギュアスケート世界選手権】男子フリーで演技するケビン・エイモズ=ストックホルムで2021年3月27日、AP

19年GPファイナル3位。

SP9位=88.24

曲は「Lighthouse」

得点:166.28(技術点79.64、演技構成点86.64)

総合得点:254.52


第15滑走 エフゲニー・セメネンコ(FSR)

【フィギュアスケート世界選手権】男子フリーで演技するエフゲニー・セメネンコ=ストックホルムで2021年3月27日、AP
【フィギュアスケート世界選手権】男子フリーで演技するエフゲニー・セメネンコ=ストックホルムで2021年3月27日、AP

▶ロシア勢、なぜ「FSR」?

SP10位=86.86

曲は「ノートルダム・ド・パリ」

得点:171.59(技術点90.51、演技構成点81.08)

総合得点:258.45


第14滑走 マッテオ・リッツォ(イタリア)

SP11位=83.30

曲は「グレイテスト・ショーマン」より

得点:162.07(技術点81.07、演技構成点83.00、減点-2.00)

総合得点:245.37


第13滑走 ハン・ヤン(中国)

【フィギュアスケート世界選手権】男子フリーで演技するハン・ヤン=ストックホルムで2021年3月27日、AP
【フィギュアスケート世界選手権】男子フリーで演技するハン・ヤン=ストックホルムで2021年3月27日、AP

SP12位=81.52

曲は「ラ・ラ・ランド」より

得点:153.79(技術点70.73、演技構成点84.06、減点-1.00)

総合得点:235.31

第2グループまでの暫定順位

1位 ダニエル・グラッスル(イタリア)

2位 モリス・クヴィテラシヴィリ(ジョージア)

3位 ルーカス・ブリッチギー(スイス)

第2グループ終了

第12滑走 ミハル・ブレジナ(チェコ)

【フィギュアスケート世界選手権】男子フリーで演技するミハル・ブレジナ=ストックホルムで2021年3月27日、AP
【フィギュアスケート世界選手権】男子フリーで演技するミハル・ブレジナ=ストックホルムで2021年3月27日、AP

SP13位=81.43

曲はブライアン・アダムスメドレー

得点:129.30(技術点50.72、演技構成点79.58、減点-1.00)

総合得点:210.73


第11滑走 デニス・ヴァシリエフス(ラトビア)

【フィギュアスケート世界選手権】男子フリーで演技するデニス・ヴァシリエフス=ストックホルムで2021年3月27日、AP
【フィギュアスケート世界選手権】男子フリーで演技するデニス・ヴァシリエフス=ストックホルムで2021年3月27日、AP

コーチは元世界王者のステファン・ランビエル氏。宇野昌磨とともにスイスで練習する。

SP14位=81.22

曲は「ロミオとジュリエット」

冒頭の4回転サルコウで転倒するなど、ジャンプミスが響いた。

得点:131.83(技術点57.41、演技構成点76.42、減点-2.00)

総合得点:213.05


第10滑走 ダニエル・グラッスル(イタリア)

【フィギュアスケート世界選手権】男子フリーで演技するダニエル・グラッスル=ストックホルムで2021年3月27日、AP
【フィギュアスケート世界選手権】男子フリーで演技するダニエル・グラッスル=ストックホルムで2021年3月27日、AP

SP15位=79.43

曲は「ジョーカー」より

冒頭、4回転ルッツに挑んだが着地ミス。4回転フリップ、4回転ループは着氷。終盤には、衣装を黄色いベスト風から道化に切り替える演出も。

得点:163.38(技術点88.02、演技構成点75.36)

総合得点:242.81


第9滑走 コンスタンティン・ミリュコフ(ベラルーシ)

SP16位=78.86

曲は「The Piano」「Time Lapse」

得点:142.47(技術点70.19、演技構成点72.28)

総合得点:221.33


第8滑走 ルーカス・ブリッチギー(スイス)

SP17位=78.27

曲は「Hallelujah I Love Her So」「Hard Times」「Soda Pop」

得点:147.28(技術点73.36、演技構成点73.92)

総合得点:225.55


第7滑走 アレクセイ・ビシェンコ(イスラエル)

【フィギュアスケート世界選手権】男子フリーで演技するアレクセイ・ビシェンコ=ストックホルムで2021年3月27日、AP
【フィギュアスケート世界選手権】男子フリーで演技するアレクセイ・ビシェンコ=ストックホルムで2021年3月27日、AP

SP18位=78.05

曲は「パイレーツ・オブ・カリビアン」より

得点:112.40(技術点48.98、演技構成点67.42、減点-4.00)

総合得点:190.45

第1グループまでの暫定順位

1位 モリス・クヴィテラシヴィリ(ジョージア)

2位 アレキサンドル・セレフコ(エストニア)

3位 ドノバン・カリーロ(メキシコ)

第1グループ終了

第6滑走 ボーヤン・ジン(中国)

【フィギュアスケート世界選手権】男子フリーで演技するボーヤン・ジン=ストックホルムで2021年3月27日、AP
【フィギュアスケート世界選手権】男子フリーで演技するボーヤン・ジン=ストックホルムで2021年3月27日、AP

18年四大陸選手権優勝、世界選手権は過去2大会で3位。ジュニア時代から4回転ジャンプを跳び、男子4回転時代の立役者だが、今大会ではジャンプミスが響いて出遅れた。

SP19位=77.95

曲は「House of the Rising Sun」

ボーヤン・ジンらしい演技を見せることができなかった。冒頭の4回転ルッツで転倒すると、悪い流れを引きずり、他のジャンプも失敗が続いた。終盤は疲れも出て、キレを失ってしまった。

得点:121.20(技術点50.64、演技構成点50.64、減点-2.00)

総合得点:199.15


第5滑走 ニコライ・マヨロフ(スウェーデン)

【フィギュアスケート世界選手権】男子フリーで演技するニコライ・マヨロフ=ストックホルムで2021年3月27日、AP
【フィギュアスケート世界選手権】男子フリーで演技するニコライ・マヨロフ=ストックホルムで2021年3月27日、AP

SP20位=75.59

曲は「Samurai Theme」

得点:117.20(技術点49.70、演技構成点69.50、減点-2.00)

総合得点:192.79


第4滑走 モリス・クヴィテラシヴィリ(ジョージア)

【フィギュアスケート世界選手権】男子フリーで演技するモリス・クヴィテラシヴィリ=ストックホルムで2021年3月27日、AP
【フィギュアスケート世界選手権】男子フリーで演技するモリス・クヴィテラシヴィリ=ストックホルムで2021年3月27日、AP

SP21位=74.66

曲は「トスカ」

得点:157.15(技術点82.43、演技構成点74.72)

総合得点:231.81


第3滑走 イワン・シュムラトコ(ウクライナ)

【フィギュアスケート世界選手権】男子フリーで演技するイワン・シュムラトコ=ストックホルムで2021年3月27日、AP
【フィギュアスケート世界選手権】男子フリーで演技するイワン・シュムラトコ=ストックホルムで2021年3月27日、AP

SP22位=73.98

曲は「Cornerstone」

得点:130.19(技術点60.55、演技構成点69.64)

総合得点:204.17


第2滑走 ドノバン・カリーロ(メキシコ)

【フィギュアスケート世界選手権】男子フリーで演技するドノバン・カリーロ=ストックホルムで2021年3月27日、AP
【フィギュアスケート世界選手権】男子フリーで演技するドノバン・カリーロ=ストックホルムで2021年3月27日、AP

SP23位=73.91

曲は「Perhaps Perhaps Perhaps」「Sway」

得点:130.87(技術点64.51、演技構成点66.36)

総合得点:204.78


第1滑走 アレキサンドル・セレフコ(エストニア)

【フィギュアスケート世界選手権】男子フリーで演技するアレキサンドル・セレフコ=ストックホルムで2021年3月27日、AP
【フィギュアスケート世界選手権】男子フリーで演技するアレキサンドル・セレフコ=ストックホルムで2021年3月27日、AP

SP24位=70.74

曲は「ノートルダム・ド・パリ」より

冒頭、4回転ルッツ着氷。

得点:151.32(技術点78.54、演技構成点72.78)

総合得点:222.06

フリー演技スタート

▶鍵山 躍進に導いた羽生の「金言」

滑走順は以下の通り

第1グループ

第1滑走 アレキサンドル・セレフコ(エストニア)

第2滑走 ドノバン・カリーロ(メキシコ)

第3滑走 イワン・シュムラトコ(ウクライナ)

第4滑走 モリス・クヴィテラシヴィリ(ジョージア)

第5滑走 ニコライ・マヨロフ(スウェーデン)

第6滑走 ボーヤン・ジン(中国)


第2グループ

第7滑走 アレクセイ・ビシェンコ(イスラエル)

第8滑走 ルーカス・ブリッチギー(スイス)

第9滑走 コンスタンティン・ミリュコフ(ベラルーシ)

第10滑走 ダニエル・グラッスル(イタリア)

第11滑走 デニス・ヴァシリエフス(ラトビア)

第12滑走 ミハル・ブレジナ(チェコ)


第3グループ

第13滑走 ハン・ヤン(中国)

第14滑走 マッテオ・リッツォ(イタリア)

第15滑走 エフゲニー・セメネンコ(FSR)

第16滑走 ケビン・エイモズ(フランス)

第17滑走 チャ・ジュンファン(韓国)

第18滑走 ジェイソン・ブラウン(米国)


第4グループ

第19滑走 宇野昌磨(トヨタ自動車)

第20滑走 キーガン・メッシング(カナダ)

第21滑走 ミハイル・コリヤダ(FSR)

第22滑走 ネイサン・チェン(米国)

第23滑走 鍵山優真(神奈川・星槎国際高横浜)

第24滑走 羽生結弦(ANA)


▶スコアに「q」マーク 回転不足の新基準とは

男子フリーに進出が決まった24選手のSP順位と得点

SP順位選手名SP得点(技術点、演技構成点、減点)
1羽生結弦(ANA)106.98(59.02、47.96)
2鍵山優真(神奈川・星槎国際高横浜)100.96(57.86、43.10)
3ネイサン・チェン(米国)98.85(53.42、46.43、-1.00)
4ミハイル・コリヤダ(FSR)93.52(49.38、44.14)
5キーガン・メッシング(カナダ)93.51(49.80、43.71)
6宇野昌磨(トヨタ自動車)92.62(49.02、44.60、-1.00)
7ジェイソン・ブラウン(米国)91.25(44.86、46.39)
8チャ・ジュンファン(韓国)91.15(49.80、41.35)
9ケビン・エイモズ(フランス)88.24(44.24、44.00)
10エフゲニー・セメネンコ(FSR)86.86(48.80、38.06)
11マッテオ・リッツォ(イタリア)83.30(42.80、40.50)
12ハン・ヤン(中国)81.52(41.17、40.35)
13ミハル・ブレジナ(チェコ)81.43(40.96、41.47、-1.00)
14デニス・ヴァシリエフス(ラトビア)81.22(40.90、40.32)
15ダニエル・グラッスル(イタリア)79.43(39.75、39.68)
16コンスタンティン・ミリュコフ(ベラルーシ)78.86(42.43、36.43)
17ルーカス・ブリッチギー(スイス)78.27(44.91、34.36、-1.00)
18アレクセイ・ビシェンコ(イスラエル)78.05(42.15、35.90)
19ボーヤン・ジン(中国)77.95(38.24、40.71、-1.00)
20ニコライ・マヨロフ(スウェーデン)75.59(39.05、36.54)
21モリス・クヴィテラシヴィリ(ジョージア)74.66(37.63、37.03)
22イワン・シュムラトコ(ウクライナ)73.98(39.09、34.89)
23ドノバン・カリーロ(メキシコ)73.91(40.62、33.29)
24アレキサンドル・セレフコ(エストニア)70.74(33.07、37.67)

あわせて読みたい

注目の特集