他人が健康情報閲覧の恐れ マイナンバー誤入力 ポータルも延期

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
マイナンバーカードを健康保険証として利用する新システムの運用延期について議論する厚生労働相の諮問機関「社会保障審議会医療保険部会」(冒頭)=東京都千代田区で2021年3月26日午前10時0分、原田啓之撮影 拡大
マイナンバーカードを健康保険証として利用する新システムの運用延期について議論する厚生労働相の諮問機関「社会保障審議会医療保険部会」(冒頭)=東京都千代田区で2021年3月26日午前10時0分、原田啓之撮影

 マイナンバー(個人番号)カードを健康保険証として利用する新システムの運用開始を登録ミスなどで延期した問題で、個人番号制度の個人向けウェブサイトに他人の健康情報が表示されるリスクが生じていたことが分かった。政府は実際に起きれば重大な個人情報漏えいに当たるとし、個人向けサイトでの健康情報の表示も延期した。

 厚生労働省によると、新システムの運用開始に合わせて、個人番号制度の個人向けサイト「マイナポータル」に自身の健康情報が表示されるようになる。内容は薬の処方歴、メタボ健診(特定健診)の結果、慢性腎不全やエイズウイルス(HIV)感染などで医療費の自己負担の軽減措置を受けている場合の疾患名だ。

 昨年10月以降、健康保険組合などが加入者の個人番号を新システムに登録した際、誤って他人の番号と取り違えるミスが多発した。番号を取り違えていると、医療機関・薬局の端末だけでなく、マイナポータルで他人の健康情報が表示される恐れがあるという。厚労省は新システムの本格運用とマイナポータルでの健康情報表示を最長で10月まで先送りし、その間にデータの修正とシステム改修を行う。

 厚労省は26日、諮問機関の社会保障審議会医療保険部会に延期を報告した。個人番号の取り違えは2月に約3万件確認された。健保組合などの修正作業で22日に4000件、24日時点で50件まで減らした。ただ、今後も加入者の新規登録でミスが生じる可能性があるとしている。

 一方、新型コロナウイルス感染症の影響で医療機関でのシステム改修が遅れたり、世界的な半導体不足からパソコンの調達が遅れるなどのトラブルも起きていることから、今月4日に始まった試験的な運用に参加する医療機関と薬局は想定の1割にとどまる。

 委員から「患者情報が正確でないなら、国民や医療機関が安心して使用できない」「極めて大がかりな取り組みだが、登録から試験的な運用までのスケジュールがきつい」と注文がついた。終了後、山下護・厚労省医療介護連携政策課長は記者団に対し「(登録ミスは)まだ未知のものもあるだろう。本当に大丈夫か確認したい」と述べた。【原田啓之】

あわせて読みたい

注目の特集