しまむら、最大店舗開業 さいたま新都心店 300人行列

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
さいたま新都心で開業したしまむらの新店舗。多くの買い物客が詰めかけた=さいたま市大宮区で2021年3月25日午前9時58分、山越峰一郎撮影
さいたま新都心で開業したしまむらの新店舗。多くの買い物客が詰めかけた=さいたま市大宮区で2021年3月25日午前9時58分、山越峰一郎撮影

 アパレル大手しまむら(本社・さいたま市大宮区)は25日、さいたま新都心駅東口の本社敷地内に「ファッションセンターしまむら」として最大となる新店舗「さいたま新都心店」を開業した。子供連れの女性や高齢者など最大約300人の行列が昼過ぎまで続き、一時入店を制限するほどの盛況だった。【山越峰一郎】

女性誌と開発のPBコーナーも

 新店舗は売り場面積が約2200平方メートルと標準的な店舗の2倍あり、商品数は1・5倍となる約6万点をそろえる。全国1428店舗の「実験場」という位置付けで、宝島社の女性誌「リンネル」「イン・レッド」などと共同開発したプライベートブランド(PB)専…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文712文字)

あわせて読みたい

注目の特集