西鉄・林田次期社長「ニモカ、スマホで入金可に」数年内にアプリ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
インタビューに応じる西日本鉄道の林田浩一次期社長=福岡市博多区で2021年3月19日午後4時41分、久野洋撮影
インタビューに応じる西日本鉄道の林田浩一次期社長=福岡市博多区で2021年3月19日午後4時41分、久野洋撮影

 西日本鉄道の次期社長に就任する林田浩一専務執行役員(55)は毎日新聞のインタビューで、ICカード乗車券「nimoca(ニモカ)」にスマートフォンで入金できるアプリを数年内に導入する考えを明らかにした。利用者が窓口や券売機で現金を支払う手間が省け、西鉄にとっても窓口業務の軽減につながる。

 現在もクレジットカード機能付きのニモカは残高が一定額を下回ると自動で入金するしくみがあるが、一般的なニモカは2万円を上限に券売機や窓口で入金する必要がある。このため、ニモカをインターネットでスマホとひも付け、乗車券や回数券、定期券をスマホで購入できるようにする。林田氏は「スマホをベ…

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文717文字)

あわせて読みたい

注目の特集