「上司からパワハラ」 鈴鹿医療科学大の助教が賠償提訴

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
津地裁=朝比奈由佳撮影
津地裁=朝比奈由佳撮影

 大学の上司からパワーハラスメントやアカデミックハラスメントを受けたとして、三重県の鈴鹿医療科学大学看護学部看護学科の助教の40代男性が、同大と学部長など上司3人を相手取り、約550万円の損害賠償を求める訴訟を津地裁に起こした。

 訴状によると、男性は小児看護学が専門で、2014年に同学科の助教として採用された。2018年10月から、同学部長ら3…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文433文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集