常磐線の列車と衝突の車、フェンス破り線路に 運転手見つからず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 26日午前0時10分ごろ、茨城県土浦市木田余のJR常磐線土浦―神立間下り線で、走行中の品川発勝田行き普通列車(10両編成)が、線路左側の県道からフェンスを突き破り線路内に進入してきた乗用車と衝突した。列車は乗用車を200メートル以上引きずり、先頭車両が脱線して停車した。

 県警土浦署によると、列車には乗員、乗客計約60人が乗っていたが全員けがはなかったという。JR東日本水戸支社によ…

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文481文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集