特集

カルチャープラス

カルチャー各分野をどっぷり取材している学芸部の担当記者が、とっておきの話を報告します。インタビューの詳報、記者会見の裏話、作品やイベントの論評など、さまざまな手法で、カルチャー分野の話題の現象を記者の視点でお伝えします。

特集一覧

「資本論」なぜ今読まれる? 酒井隆史・大阪府立大教授に聞く

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「マルクスよりマルクス主義が大事」と語る酒井隆史・大阪府立大教授=大阪市で2021年2月25日、清水有香撮影
「マルクスよりマルクス主義が大事」と語る酒井隆史・大阪府立大教授=大阪市で2021年2月25日、清水有香撮影

 19世紀の思想家カール・マルクスの大著「資本論」が改めて注目されている。「資本論」の名を冠した関連書が次々と刊行され、2020年秋に出版された「人新世の『資本論』」(斎藤幸平著・集英社)は20万部を超えるベストセラーに。なぜ今、資本論が読まれるのか。社会思想に詳しい酒井隆史・大阪府立大教授に聞いた。【清水有香】

資本主義そのものの危機

――「資本論」の関連書が売れている背景には何があるのでしょうか?

 まず前提として、資本主義そのものがトータルな危機にさらされている今、それを根源的に問い返さなければという認識が広がっています。たとえば世界の政財界の指導者が集まるダボス会議は今年、資本主義体制を問い直す「グレートリセット」をテーマにした。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)や気候変動のように、地球全体の危機や人類の存続可能性について考えざるを得ないと多くの人が肌で感じ、惑星規模で物事を考えたマルクスの議論が改めて見直されているということでしょう。マルクスは、資本主義は数あるシステムの一つに過ぎず、資本主義というシステムがそもそも破局や危機を内包していることを踏まえて分析しました。マルクスの射程の長さが改めて生きてきたといえます。

――率直に現在の「ブーム」をどう受け止めていますか?

 日本では10年代にむしろ資本主義が揺るぎないフレームと化したように見えたので、意外に思いました。とはいえ今、日本で起きているのはあくまでマスメディア主導のブームであり、運動や論争といった実体のある土台が希薄であることに留意すべきです。かつて日本はマルクス研究で世界をリードしました。マルクスのテキストと結びついた運動があり、論争があり、その論争の中から時代の認識のようなものが生まれた。そういう知的な基盤の上にマーケットがあるという構造があった。

 ところが、とりわけ11年の東日本大震災以降、安倍晋三政権が続くなど保守化の傾向を強め、社会全体が「国家と資本主義を疑わない」という価値観に染まっていった。国内には今、現代社会のオルタナティブをさまざまに提示するような厚みが相対的にない、という欠落を認識することがとても大事だと思います。

マルクスが見直される背景

――マルクスの再評価は世界的な動きなのでしょうか?

 世界的には今、ラジカルジャーナリズムの花盛りの時代といわれます。若い世代を中心に、マルクスやアナキズム、フェミニズム、先住民の知恵などに依拠しながら、この社会を変えなければならないという共通認識が強まっています。この動きは00年代から「グローバル・ジャスティス運動」として始まっていましたが、08年の金融危機以降の「アラブの春」や「オキュパイ運動」など世界同時多発的な民衆抗議がメルクマールになりました。

 たとえば「ブラック・ライブズ・マター(BLM、黒人の命は大事だ)」では資本主義とレイシズムの不可分の関係が問われ、刑務所、警察機構の縮小や廃止といった提案がなされています。特に新世代を中心とする気候変動に対する運動は、肉食の問題や飛行機の使用などの日常的習慣を、温暖化と深くつながっている問題とし、別の生活のあり方を模索しています。気候変動の問題もレイシズムの問題も、経済や階級の問題、資本主義の問題とダイレクトに結びついているという認識がこの危機の中で高まっているのです。

――冷戦終結以降もたびたびマルクスの議論は参照されてきました。過去との違いは?

 たとえばグローバル化が進む世界秩序を「帝国」という概念で捉えた、マルクス派のアントニオ・ネグリとマイケル・ハートの共著「<帝国>」(03年)。あの本が読まれた背景には、冷戦終結以降のある種の希望がふっとんだ01年の米同時多発テロがありました。戦争はなくなり、軍事費が削減されて「平和の配当」なんていわれたけど、民族紛争は激化するし、どうも違うぞ、と。おそらくいつも支配的にいわれていることが破綻したときに、マルクス派が参照される。あるいは資本主義の下で格差は拡大していくと論じたトマ・ピケティの著書「21世紀の資本」(13年)は、08年の金融危機以降、貧困と富との不均衡な蓄積が起きているという認識の中で読まれた。今回はそれとは異質です。より事態は複雑で、地球全体の持続がもはや限界にきているんじゃないか、という中でマルクスの議論が見直されている印象です。

ネオリベという「ご都合主義」

――現代社会はネオリベラリズムが広がり、資本主義が加速しているようにもみえます。

 基本的に、ネオリベラリズムというのは融通無碍(むげ)で、ご都合主義的な体系。資本主義のその都度の形態にあわせてさまざまに自らを変容できる。これは人類学者のデビッド・グレーバーの言い方ですが、「ネオリベラリズムは資本主義以外のシステムにつながるようなあらゆるものを抹殺していく政治的イデオロギーだ」というんです。資本主義が危機に陥っていく中で、にもかかわらず、ネオリベラリズムのイデオロギーがそれ以外を想像することを不可能にするように作動していく。

この記事は有料記事です。

残り1896文字(全文3988文字)

あわせて読みたい

注目の特集