特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナワクチン副反応「重大な懸念は認められない」 厚労省部会

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影 拡大
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影

 厚生労働省は26日、米ファイザー社製の新型コロナウイルスワクチンの接種後の副反応について検討する専門部会を開いた。21日までに国内で57万8835回接種され、医療機関から重いアレルギー反応の「アナフィラキシー」の疑い例として181例の報告があったと公表。国際的な基準でこのうち47例がアナフィラキシーに該当したが、全員軽快したとした。部会はワクチンの安全性について引き続き「重大な懸念は認められない」と評価した。

 21日までのアナフィラキシーの発生頻度は100万回あたり81例。接種者数や対象者の属性が異なるため国際比較は難しいが、米英より高い傾向にある。男女別では世界的に女性の発生頻度が高いが、今回の報告でもアナフィラキシーのうち女性が44例と9割を超えた。

 ファイザーのワクチンには日本で市販される他のワクチンには含まれていないポリエチレングリコール(PEG)という成分が含まれ、これが原因との見方もある。PEGは多くの日用品に含まれ、化粧品もその一つ。日本アレルギー学会は女性が化粧品に触れる機会が多いことが影響している可能性について「否定できない」としている。

 ワクチン接種に詳しいすがやこどもクリニックの菅谷明則院長(NPO法人「VPDを知って、子どもを守ろうの会」理事長)は取材に、一般的なワクチンでも20~50代女性のアナフィラキシーの頻度が高く「原因は正確に分かっていない」と指摘。ただ、発症率は低く治療方法も確立されているとして「アナフィラキシーを心配して接種を受けないことがないように」と呼びかけた。

 専門部会では、接種後の死亡例として、19日に1回目の接種を受けた26歳女性が、4日後の23日に亡くなったケースが報告された。死因は脳出血とくも膜下出血で、死亡は計2例となった。

 26歳女性について部会は、画像診断などで以前から病変があった可能性があるとして「因果関係は評価できないが、偶発事象の可能性もあり、ワクチンとの直接的な関係性を示す事実はない」とした。「現時点ではワクチン接種のメリットはリスクを上回る」とした上で、1例目の死因もくも膜下出血だったことから、同様の事象がないか引き続き注視していくとした。【横田愛】

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集