東日本大震災10年

今改めてあの日思う 県内在住・清岡さんら、作品70点3部構成 藁工ミュージアムで企画展 /高知

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
清岡さんの作品を示す島崎さん=高知市南金田の藁工ミュージアムで2021年3月10日午前11時5分、松原由佳撮影
清岡さんの作品を示す島崎さん=高知市南金田の藁工ミュージアムで2021年3月10日午前11時5分、松原由佳撮影

 東日本大震災をテーマにした展覧会「10年目の今考える」が藁工(わらこう)ミュージアム(高知市南金田)で開かれている。5月9日まで。入場無料。

 藁工ミュージアムではこれまで、東日本大震災に関する企画展を3回実施してきた。10年目を機に、改めて震災について考えてもらおうと今回企画された。

 今回は、約70点の作品を展示。3部構成で、高知県在住のアーティスト・清岡明さんの作品▽東日本大震災をテーマにしたフォト&エッセー公募作品▽高知と東京に拠点を持ち、福島での撮影を続けてきた西村知巳さんの写真作…

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文619文字)

あわせて読みたい

注目の特集