特集

ミャンマークーデター

ミャンマー国軍がクーデターを起こし、アウンサンスーチー氏らを拘束。市民や国際社会からは抗議と批判が相次いでいます。

特集一覧

「日本政府、何もしてない」在日ミャンマー人、外務省に公開質問状

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
在日ミャンマー市民協会とヒューマンライツ・ナウが外務省に公開質問状を提出後、国会内で開いた記者会見=東京都千代田区で2021年3月26日午後3時10分、青木純撮影
在日ミャンマー市民協会とヒューマンライツ・ナウが外務省に公開質問状を提出後、国会内で開いた記者会見=東京都千代田区で2021年3月26日午後3時10分、青木純撮影

 在日ミャンマー人でつくる「在日ミャンマー市民協会」などは26日、日本政府がミャンマー国軍関連企業や関係者に対する経済制裁を行っていない理由などをただす公開質問状を外務省に提出した。同協会のタンスエ代表は、提出後に国会内で開かれた記者会見で「クーデターから54日経過したが、日本政府は意味のある行動をしていない。何もしていないのと同じだ」と述べ、日本政府に対し国軍への圧力を強めるよう求めた。

 公開質問状は同協会と国際人権NGOの「ヒューマンライツ・ナウ」が共同で提出した。ミャンマー国内でのデモの参加者が、国軍の実力行使で死傷していることへの認識を問うほか、軍政に対抗する民主勢力「連邦議会代表委員会」を同国の正式な国家機関として認めているのか、国連総会でクーデターを批判したチョーモートゥン国連大使を正式な大使として認めているのかなどを確かめる内容。また、日本政府に対して「国軍の過ちを正…

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文612文字)

【ミャンマークーデター】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集