特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

震災後飼い主と再会 柴犬「コロ」の紙芝居 「命の尊さ知って」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
披露された紙芝居「福島の悲劇を生き抜いた『コロとボス』」=千葉県四街道市内で
披露された紙芝居「福島の悲劇を生き抜いた『コロとボス』」=千葉県四街道市内で

 2011年3月11日の福島第1原発事故によって住民が避難した後、飼い主が探し出して引き取るまでの2年半にわたって生き延びた柴犬のコロを題材にした紙芝居「福島の悲劇を生き抜いた『コロとボス』」を、千葉県四街道市の市民グループ「『平和と文化のまち四街道』をめざすアオギリの会」が完成させた。原発事故では多くの動物が取り残され、餓死するなどした。同会は「コロの物語が命の大切さを教えてくれる。市内の小中学校などで活用してほしい」と願う。

 ボスとは、コロの飼い主で原発事故で福島県双葉町から四街道市へ避難した千代田信一さん(79)=千葉市中央区。原発事故では急な避難を余儀なくされ、コロだけでなくネコや生まれたばかりの子ヤギなどを置いて出てくるしかなかった。一帯はその後も立ち入りが規制され、千代田さんが再びコロの姿を見ることができたのは初めて一時帰宅が許された41日後。その後、コロの行方は分からなくなったが、取材のカメラマンから与えら…

この記事は有料記事です。

残り505文字(全文921文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集