京都・醍醐寺、夜の一般公開 枝垂れ桜も見ごろ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
見ごろを迎えた霊宝館の枝垂れ桜=京都市伏見区の醍醐寺で2021年3月20日午後6時12分、矢倉健次撮影
見ごろを迎えた霊宝館の枝垂れ桜=京都市伏見区の醍醐寺で2021年3月20日午後6時12分、矢倉健次撮影

 世界文化遺産・醍醐寺(京都市伏見区)で春季初となる夜の一般公開が実施されている。見ごろを迎えた枝垂れ桜などが夜空に浮かび、参拝者の目を楽しませている。同寺は「ウィズコロナで閉塞(へいそく)感が漂う時代に桜で心を癒やしてほしい」と話す。4月11日まで。

 期間中は、大枝垂れ桜のある三宝院と霊宝館を午後6~8時に公開。日によって公開する施設は異なる。三宝院では、豊臣秀吉が「醍醐の花見」のために造らせた庭園もライトアップする。鑑賞するに…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文544文字)

あわせて読みたい

注目の特集