3歳児の退院祝う菜の花 白血病闘病1年 親子の「小さな幸せ」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
満開の菜の花の中、シャボン玉で遊ぶ谷村怜龍ちゃん(左)と礼さん=愛媛県大洲市で2021年3月19日午後3時17分、斉藤朋恵撮影
満開の菜の花の中、シャボン玉で遊ぶ谷村怜龍ちゃん(左)と礼さん=愛媛県大洲市で2021年3月19日午後3時17分、斉藤朋恵撮影

 愛媛県大洲市五郎の河川敷で、約350万本の菜の花が見ごろを迎えている。「黄色い絨毯(じゅうたん)」を楽しむ人の中で、ひときわ楽しげに写真を撮り合う親子連れがいた。谷村怜龍(れいり)ちゃん(3)と母礼(あや)さん(36)。毎年この場所を訪れるのが恒例だが、今年は白血病との1年間の闘病を経て特別な気持ちで足を運んだ。

 怜龍ちゃんは宇和島市のみかん農家、谷村駿功(としのり)さん(32)と礼さんの長男として生まれた。世界中で人気の「きかんしゃトーマス」シリーズが大好きで明るい性格。2020年の年明け、突然体調を崩して微熱が下がらなくなった。病院では原因不明と言われたが、礼さんがネットで症状を調べると当てはまるのは白血病。不安を抱えつつ2月末に親子3人で毎年恒例の菜の花畑へ。笑顔にピースサインで写ったその顔色はどこか青白かった。緊急入院が決まったのはその3日後だった。

 「急性リンパ性白血病」。個人5種目で日本記録を持つ競泳女子の池江璃花子選手が2年前、18歳のときに病名を公表して話題になった。怜龍ちゃんの入院期間は、短期退院を挟みながら約1年にわたった。点滴で抗がん剤を投与した後は毎回吐き気が起こり食欲が落ちたが、逆にステロイド剤の影響でどれだけ食べても満腹感が得られない。

1年前、菜の花畑で記念撮影する3人。白血病と診断される3日前だった=谷村礼さん提供
1年前、菜の花畑で記念撮影する3人。白血病と診断される3日前だった=谷村礼さん提供

 副作用で髪の毛が抜け落ち、親戚が手作りしてくれた帽子が欠かせなくなった。追い打ちをかけたのが新型コロナウイルス。家族以外との面会は制限され、同年代の子供と会うこともできなかった。それでも「点滴が刺さっていること以外は普通に過ごしてほしい」と気遣う看護師や保育士に囲まれ、笑顔でいる時間が長かった。

動画投稿に励ましのコメント

怜龍ちゃんのTikTok(ティックトック)。たくさんの「いいね」(ハートマーク)がついている
怜龍ちゃんのTikTok(ティックトック)。たくさんの「いいね」(ハートマーク)がついている

 8月。怜龍ちゃんの希望で動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」を始めた。アイドルグループ「King&Prince」のダンスをまねた動画を投稿した。骨髄注射の治療前に「まだまだがんばるよ!」と得意げな笑みでポーズを決めた動画の再生回数は690万回。「勇気をもらいました」「頑張ろうね!」などの文言でコメント欄が埋まった。

 一方で、礼さんは採血の結果の数値に一喜一憂する日々が続いた。以前から利用していたインスタグラムで治療の様子やその時の気持ちを細かく書き記し、多くの人の共感を集めた。何度も輸血をした経験から「誰かのおかげで命をつないでもらっている」ことも身にしみ、コロナ下で減っていた輸血やウイッグ(かつら)の寄付を呼びかけ、投稿を見て協力してくれる人も少なくなかった。

 3月16日にようやく一通りの入院治療が終わった。今後は通院での維持療法に切り替わり、完治までの期間は5年以上と道のりは長いが、家族で過ごす日常が戻った。退院したその足で菜の花畑を訪れたが、数日後に「もう一回行きたい」と、入院中に生まれたいとこの結ちゃん(1)親子と一緒に再訪した。花言葉の「小さな幸せ」を祝うかのように、満開の花が出迎えてくれた。「言葉で表せないほどうれしい。胸がいっぱいです」と礼さん。元気に咲き乱れる菜の花畑に笑い声が響いた。【斉藤朋恵】

白血病

 血液に含まれる白血球や、白血球を生み出す元の細胞が異常に増殖する病気で、20歳未満の人がかかるがんの中では最も多い。進行の速さやがんになる細胞の種類によって「急性骨髄性白血病」や「急性リンパ性白血病」などと細かく分類される。抗がん剤や分子標的薬、骨髄移植などの治療法がある。

あわせて読みたい

注目の特集