清水の舞台彩る夜桜 照明500基設置 春の夜間特別拝観始まる

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
夜間特別拝観で、桜とともにライトアップされた清水寺の本堂=京都市東山区で2021年3月27日午後7時17分、山崎一輝撮影
夜間特別拝観で、桜とともにライトアップされた清水寺の本堂=京都市東山区で2021年3月27日午後7時17分、山崎一輝撮影

 世界遺産の清水寺(京都市東山区)で27日、春の夜間特別拝観が始まった。大小約500基の照明が設置され、境内に約1000本ある桜などの木々や、2020年末に約4年間の修理を終えたばかりの国宝・本堂(清水の舞台)が夜の闇に浮かんだ。4月4日まで。

 新型コロナウイルス禍の中での開催だが、夜は密閉空間には…

この記事は有料記事です。

残り131文字(全文281文字)

あわせて読みたい

注目の特集