特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

中京大中京が圧勝8強 春通算、歴代最多57勝 選抜高校野球

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【中京大中京-常総学院】三回表中京大中京2死二塁、加藤が左翼線適時二塁打を放つ=阪神甲子園球場で2021年3月27日、藤井達也撮影 拡大
【中京大中京-常総学院】三回表中京大中京2死二塁、加藤が左翼線適時二塁打を放つ=阪神甲子園球場で2021年3月27日、藤井達也撮影

 第93回選抜高校野球大会は第8日の27日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で2回戦を行い、中京大中京(愛知)が常総学院(茨城)を15―5で破り、準々決勝進出を決めた。中京大中京は春通算勝利数で歴代単独最多の57勝とした。1回戦で専大松戸(千葉)を破り、東邦(愛知)と並んで1位となっていた。第9日の準々決勝で東海大菅生と対戦する。

 中京大中京が15安打15得点と圧倒した。二回に櫛田の適時打で1点を先取し、三回は加藤の適時二塁打などで2点を追加。四回には再び加藤が3点二塁打を放つなど計5点を挙げ、その後も加点した。先発の畔柳は球威があり、7回1失点と好投。常総学院は先発・秋本が4回8失点と乱れ、序盤で主導権を失った。

中京大中京・高橋源一郎監督

 粘り強く得点を重ねることができた。(センバツ学校別勝利数で単独1位)先輩方が勝利を重ねてきたことを後ろにつなげたい。(連戦となるが)畔柳の疲労具合などを考慮して(次戦の)先発投手は決める。

中京大中京・畔柳亨丞投手

 中1日で疲労はあった。(自己最速を更新する今大会最速の149キロを計測し)タイミングを取るのがうまい打者だったので、自分の持っている全てを出した。(150キロは)今のところは意識していない。チーム(の勝利)が優先だが、スピードも出れば申し分ない。

常総学院・島田直也監督

 力の差があり過ぎて野球にならなかった。守備(のミス)からリズムが崩れてしまった。エースの秋本があそこまで崩れるとは思っていなかった。継投ミス。夏に向けて必死にやりたい。

全31試合を動画中継

 公式サイト「センバツLIVE!」では、大会期間中、全31試合を中継します(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/2021)。また、「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)でも展開します。

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集