特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

広島新庄、悔やむ焦り「この球場にのまれたかな」 選抜高校野球

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
三回裏智弁学園2死一、三塁、前川が中前適時打を放つ=阪神甲子園球場で2021年3月27日、藤井達也撮影 拡大
三回裏智弁学園2死一、三塁、前川が中前適時打を放つ=阪神甲子園球場で2021年3月27日、藤井達也撮影

 第93回選抜高校野球大会は第8日の27日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で2回戦が行われ、広島新庄が2-5で智弁学園(奈良)に敗れ、8強進出を逃した。

広島新庄・大可尭明主将

 花田(侑樹)、秋山(恭平)両投手がしっかり投げてくれたが、点を取れなかった。その部分をなくしていかなければ。(2人には)「しっかり守るから、一つ一つを低めに丁寧に」「逆転できるよう頑張るから、しっかり投げて」と声をかけた。

 狙い球を各打者が絞り、その球が来たらしっかり振ると話し合ってきたが、相手の小畠一心投手がすごくいい投手で打てなかった。県大会や練習試合でも対戦したことがないようなスピードボール。球もすごく重かった。自分を含めチーム全員が打ちにくかった。

 (得点した二、八回は前の回の守りで3者凡退に抑えた)自分たちは守備からリズムを作って打撃に生かすチーム。得点はすごく大きかったが、ピンチを迎えた次の攻撃時に焦りから早打ちしたり、狙ってないボールに手を出したり、そんな場面が見受けられた。緊張もあると思うが、この甲子園球場にのまれたかな。この課題を糧に、夏の大会を頑張りたい。

四回から登板した広島新庄の秋山=阪神甲子園球場で2021年3月27日、藤井達也撮影 拡大
四回から登板した広島新庄の秋山=阪神甲子園球場で2021年3月27日、藤井達也撮影

宇多村聡監督「3連打はさすが」

 1点を先制できたが、(逆転された)三回の智弁学園による3連打は「さすがだな」と感じた。一つ一つアウトを取ろうとしたが、相手打線が上回っていた。花田(侑樹投手)には五回までと思っていたが、大量失点を心配して四回で秋山(恭平投手)にスイッチした。実力差があるので、もう少し失点するかと思ったが、選手たちが必死に守ってくれた。

 こちらも八回2死一、二塁から、瀬尾秀太選手がタイムリーを放ってくれた。ベンチも一丸になってのヒットだと思う。

 チームが掲げているのは、投手を中心にした点をやらない野球。打撃では長打が出なくとも、単打でつなぎたいと思っており、夏に向けてさらに思い切って振り切ることを意識したい。

 地元広島の皆さんのおかげで(甲子園に)来ることができた。引き続き応援をお願いしたい。夏にもう一度、この舞台に戻ってきたい。

全31試合を動画中継

 公式サイト「センバツLIVE!」では、大会期間中、全31試合を中継します(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/2021)。また、「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)でも展開します。

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集