特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

京都国際、痛感「甲子園はごまかし利かない」 選抜高校野球

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【京都国際-東海大菅生】京都国際大付先発の森下=阪神甲子園球場で2021年3月27日、藤井達也撮影 拡大
【京都国際-東海大菅生】京都国際大付先発の森下=阪神甲子園球場で2021年3月27日、藤井達也撮影

 第93回選抜高校野球大会は第8日の27日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で2回戦が行われ、第2試合で京都国際が東海大菅生(東京)に4-5で九回逆転サヨナラ負けし、準々決勝進出を逃した。

京都国際・小牧憲継監督

 森下(瑠大)投手は立ち上がりに不安な部分もあるが、中盤以降はしっかり投げてくれる。きょうも普段通りのピッチングしてくれた。

 (九回の先頭打者から2者連続安打を打たれ)平野(順大投手)への継投も考えた。しかし、肘への死球で力が入らないようだったので、森下に託した。(最後の2死満塁の場面では)2ストライクまで追い込みながら勝ち急いだ。もう少しボール球を使って打者にスイングさせれば良かったが、そこはまだ下級生の甘さだ。

 (東海大菅生は)仕事をする子はきっちり仕事ができる。うちは仕事をすべき子がバントすらできなかった。ただそれだけ。だけど、この戦いで自信がついたと思う。(甲子園は)ほんとに素晴らしい球場だった。また、ここに戻ってきたい。ある程度、運と勢いで勝ち上がってきたが、ごまかしが利かないと痛感した。今度は本当の力をつけて、ここに戻ってこれるように頑張りたい。

九回裏東海大菅生2死満塁、代打多井(左)に右翼線2点二塁打を打たれ、打球の行方を見る京都国際先発の森下=阪神甲子園球場で2021年3月27日、津村豊和撮影 拡大
九回裏東海大菅生2死満塁、代打多井(左)に右翼線2点二塁打を打たれ、打球の行方を見る京都国際先発の森下=阪神甲子園球場で2021年3月27日、津村豊和撮影

山口吟太主将「もろい部分出た」

 2年生が頑張ってくれた。(五回に)4点を取った後、あと1点が取れるかどうかという場面で、ぼくらの世代の3年生にもう1本が出なかった。そんな甘さを、チームとして改善しなければならない。

 (九回に逆転サヨナラ負けを喫し)終盤勝負をチームとして合言葉にしていたのに、負けてしまった。チームとしてのもろい部分が出てしまった。

 (九回の守りで2度の伝令でマウンドに走った)どちらも同じ。「勝ち急ぐのは良くない。しっかり1個1個(アウトを)取っていったらいい」と伝えた。森下(瑠大)投手は普段からあまり表情に出さないタイプ。緊張している様子はなかった。信頼していた。こんな点差の勝負になると思っていたので(ピンチでも)焦りはなかった。相手が少し上だったのかなと思う。

 きょうの悔しさをみんな忘れないと思う。これからの練習を意識高くやり、夏に向けて圧倒的な力をつけ甲子園に戻ってきたい。

全31試合を動画中継

 公式サイト「センバツLIVE!」では、大会期間中、全31試合を中継します(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/2021)。また、「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)でも展開します。

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集