特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

「執念、執念」つかんだサヨナラ 東海大菅生の心 選抜高校野球

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【京都国際-東海大菅生】九回裏東海大菅生2死満塁、代打多井の二塁打で生還する鈴木悠(左)を大喜びで迎える東海大菅生の選手たち=阪神甲子園球場で2021年3月27日、吉田航太撮影 拡大
【京都国際-東海大菅生】九回裏東海大菅生2死満塁、代打多井の二塁打で生還する鈴木悠(左)を大喜びで迎える東海大菅生の選手たち=阪神甲子園球場で2021年3月27日、吉田航太撮影

 第93回選抜高校野球大会は第8日の27日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で2回戦が行われ、第2試合で東海大菅生(東京)が5-4で京都国際に九回逆転サヨナラ勝ちし、準々決勝進出を決めた。

東海大菅生・栄塁唯主将

 (相手は昨秋の)近畿大会ベスト4と実力があり、いいチームと聞いていた。映像で相手投手の対策をしてきたが、思っていた以上にすごくいい投手と感じた

 最終回は「ここで終わるか」という気持ちになり、(先頭打者として)気合で打席に立った。監督からも「勝負根性を見せろ」と言われており、練習試合で負けている場面では「執念、執念」と全員で言い合ってきた。そんな気持ちの部分が最終回で出たと思う。

 (代打で逆転サヨナラ二塁打の)多井(耶雲選手)や(1回戦で本塁打を放った)鈴木(悠平選手)は、昨秋のメンバーではなかったが、「絶対にセンバツに出てやろう」という気持ちで冬に頑張っていたから、結果が出たと思う。

 こちらに来て最初は環境などに慣れず、良い雰囲気ではなかったものの、試合が近づくにつれて気持ちも上がってきていた。「もうすぐ甲子園だ」と雰囲気も良くなり、今日もいい状態で試合ができた。

【京都国際-東海大菅生】サヨナラ打を放った東海大菅生の代打多井(左)と喜び合う勝ち越しのホームを踏んだ鈴木悠=阪神甲子園球場で2021年3月27日、藤井達也撮影 拡大
【京都国際-東海大菅生】サヨナラ打を放った東海大菅生の代打多井(左)と喜び合う勝ち越しのホームを踏んだ鈴木悠=阪神甲子園球場で2021年3月27日、藤井達也撮影

 2点を先制できたのは良かったが、4失点は抑えられる場面で抑えられなかったのが課題。粘り強さが僕たちの持ち味なので、次も粘り強く戦いたい。

若林弘泰監督「殊勲の多井、気持ちに期待」

 (九回2死満塁から、逆転サヨナラ二塁打を放った多井耶雲選手の代打起用は)経験はほとんどないものの、気持ちが非常に強いことに期待した。最後の最後に滑り込みでメンバー入りしたので、その運も加味して彼を選んだ。非常にひたむきというか、向上心を持って練習に取り組んでいる子。

 (先発の鈴木泰成投手は)初戦の聖カタリナ学園戦の六回途中で崩れた。きょうは六回まで、きちんと投げてもらいたいと思っていた。調子は悪くはなかったものの、追い込んでからのボールが高かかったので、六回から松永(大輝投手)と決めた。何とか切り抜けてほしかった。そのあたりがまだまだ課題。勝てたのでいい勉強になった。

 二、三回で得点したものの、走塁やサインミスなど抜けたプレーがあった。試合途中で「冷静になりなさい」という指示をした。

全31試合を動画中継

 公式サイト「センバツLIVE!」では、大会期間中、全31試合を中継します(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/2021)。また、「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)でも展開します。

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集