特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

常総学院15失点「野球にならなかった」 夏へ再起 選抜高校野球

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
二回表中京大中京無死、加藤のゴロが三遊間の連携ミスで二塁打に=阪神甲子園球場で2021年3月27日、藤井達也撮影 拡大
二回表中京大中京無死、加藤のゴロが三遊間の連携ミスで二塁打に=阪神甲子園球場で2021年3月27日、藤井達也撮影

 第93回選抜高校野球大会は第8日の27日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で2回戦を行い、常総学院(茨城)が5―15で中京大中京(愛知)に敗れ、準々決勝進出を逃した。

常総学院・島田直也監督

 力の差がありすぎて野球にならなかった。無駄なミスや状況を考えていないプレー。守備からリズムを作ると言っているのに、リズムが逆に崩れてしまったことは反省点。必死にやっているが、逆にその必死さが、守備での硬さとかに少し出たのかな。

 エース(の秋本璃空投手)に意地を見せてほしかったが、僕の勉強不足というか、(大量失点の)流れの時にパッと交代できるようにしないといけない。

 全国にあんなプレーを見せてしまい、恥ずかしい。選手がどう思っているかで、夏への取り組み方も変わってくる。守備は大事にしなくてはけないなと感じた。

【中京大中京-常総学院】常総学院先発の秋本=阪神甲子園球場で2021年3月27日、吉田航太撮影 拡大
【中京大中京-常総学院】常総学院先発の秋本=阪神甲子園球場で2021年3月27日、吉田航太撮影

 選手たちも全国のレベルを肌で感じたと思う。一つのミスで流れが相手に行ってしまうことを痛感したはず。本当に良い舞台で試合ができた。(1、2回戦でベンチ入りメンバー全員が出場したが)「もう一回やりたい」という思いがみんなに伝われば、また夏に向けて必死にやっていくと思う。

田辺広大主将「もう一回、守備に重点」

 守備のミスであったり、いつもやっているプレーができないのであれば、勝てないのは当然。秋本(璃空投手)は、良さである強気のピッチングが全然できず打たれてしまい、かける言葉がなかった。捕手である自分が周りを見ていなかった。自分がしっかりしないと、投手が自信を持って投げられない。そこが甘かった。

 大川(慈英投手)は、秋に比べてすごく成長した。腕の振りだとか、気持ちも強くなったなと感じた。甲子園でもあんな投球ができる大川は本当に成長したと思う。

 日ごろから監督から言われていたが、大舞台では人の声のほか、いろいろな音がある。もっと一人一人が声を出して連係しないとミスが出る。今回初めて甲子園を経験した。大舞台でプレーできたのは良かったが、一つのミスで流れが変わったり、自分のプレーもできなかった。練習から甲子園のイメージを持ち、選手全員で「どうしたら勝てるのか」を話し合い、またここに戻って来られるように頑張りたい。もう一回、守備に重点を置いて練習をやっていく。

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集