特集

第94回センバツ高校野球

2022年に開催される第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。1月28日の選考委員会もライブ配信します。

特集一覧

京都国際のライト「1」 脇すり抜けたサヨナラ打 選抜高校野球

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【京都国際-東海大菅生】九回裏東海大菅生2死満塁、代打多井(左)に右翼線2点二塁打を打たれ、行方を見る京都国際先発の森下=阪神甲子園球場で2021年3月27、藤井達也撮影
【京都国際-東海大菅生】九回裏東海大菅生2死満塁、代打多井(左)に右翼線2点二塁打を打たれ、行方を見る京都国際先発の森下=阪神甲子園球場で2021年3月27、藤井達也撮影

 第93回選抜高校野球大会第8日(27日)、初出場ながら1回戦を突破した京都国際は東海大菅生(東京)と対戦。九回裏、2死満塁と攻め込まれた逆転サヨナラのピンチで右翼線に大きな打球が飛んだ。守る京都国際の右翼手・平野順大(じゅんた)選手(2年)は「絶対取ってやる」とボールを追い、懸命にグラブをはめた手を伸ばした。

 この日は6番ライトで先発したが背番号はエースナンバー「1」で、右腕投手でもある。1回戦に続き先発した背番号9の左腕・森下瑠大(りゅうだい)投手(同)と、左右のダブルエースとしてセンバツ出場に貢献してきた。普段は仲が良い2人だが、野球ではエースの座を懸け争うライバルだ。

この記事は有料記事です。

残り1151文字(全文1442文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集