特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

五輪記者内幕リポート

異例続きの東京五輪、次は何が? 霞が関で「やばい」と話題の…

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
5者協議をする大会組織委員会の橋本聖子会長(中央)。右は丸川珠代五輪担当相。オンラインで参加する(左から)東京都の小池百合子知事、IOCのバッハ会長。海外観客の受け入れ断念を決定した=東京都中央区で2021年3月20日(代表撮影)
5者協議をする大会組織委員会の橋本聖子会長(中央)。右は丸川珠代五輪担当相。オンラインで参加する(左から)東京都の小池百合子知事、IOCのバッハ会長。海外観客の受け入れ断念を決定した=東京都中央区で2021年3月20日(代表撮影)

 次の一手は何か。新型コロナウイルスの変異株への懸念が拡大する中、東京オリンピック・パラリンピックは、海外からの観客を受け入れないことになった。昨年の延期決定から異例ずくめだ。聖火リレーが始まる中、今後の展開を探ると、ある言葉を耳にした。

 政府、東京都、大会組織委員会は3月20日、国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラリンピック委員会(IPC)の代表者との5者協議で、海外からの観客受け入れの見送りを決めた。

 重要な決定は、想定外のタイミングで水面下の調整が図られる。1年前に大会の延期が決定した時もそうだった。延期が発表された2020年3月24日の10日前のこと。政界事情に詳しい永田町関係者は、こうささやいた。

 「実は、電話して謝ったらしいんですよ。『この夏五輪ができないかもしれない』って」。ある組織委幹部が五輪招致に深く関わった人物に伝えたという。両者の名前から「この夏五輪ができないかもしれない」という発言の重みは容易に想像できた。

 この情報と前後して、延期に向けた伏線が重ねられていった。12日には米国のトランプ大統領が「1年延期してはどうか」と発言。16日には安倍…

この記事は有料記事です。

残り1181文字(全文1673文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集