17歳鍵山優真、親子鷹で世界選手権初出場2位 ジャンプに安定感

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子フリーで演技する鍵山=AP
男子フリーで演技する鍵山=AP

 来年の北京冬季五輪の国・地域別の出場枠を懸けたフィギュアスケートの世界選手権第4日は27日、ストックホルムで行われ、男子はショートプログラム(SP)で2位につけた17歳の鍵山優真(神奈川・星槎国際高横浜)がフリー190・81点、合計291・77点をマークし、初出場で銀メダルを獲得した。

 コーチを務める元五輪代表の父正和さんとの二人三脚で力を伸ばしてきたフィギュア界のサラブレッド、鍵山が世界選手権デビュー戦で存在感を示し、2位に入った。

 身体能力を生かした安定感のあるジャンプが特徴だ。五輪2連覇の羽生も「あれだけの勢いでジャンプを跳べ、コントロールできるのはすごい。若いながらも、勉強させてもらっている」と認めるほど。スピンやステップも精度が高く、総合力の高さを世界の舞台でも見せつけた。

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文771文字)

あわせて読みたい

ニュース特集