新型コロナ 鳥羽・食堂再開の願い込め 子供たちに食材セット 学習支援教室に介護会社が贈呈 /三重

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 鳥羽市社会福祉協議会が運営する子供の学習支援教室「YELL」(エール)で学ぶ子どもたちに、カップラーメンや缶詰など9種類の食材セット(2000円相当)が贈られた。コロナ禍で地域食堂が開催できないため、その代わりとして食材が提供された。

 贈ったのは同市内でデイサービス事業を行う介護事業会社「いやしの心」。エールは毎週1回、午後4時から同8時まで…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文433文字)

あわせて読みたい

注目の特集