連載

滝野隆浩の掃苔記

社会部・滝野隆浩専門編集委員のコラム。

連載一覧

滝野隆浩の掃苔記

コロナで死なせないで

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <滝野隆浩の掃苔記(そうたいき)>

 新型コロナウイルス感染症対策の最前線に立つ医師から聞いた言葉が気になった。「患者の家族から、よく『コロナでは死なせないで』と頼まれるんです」。その背景を考え込んでいる。

 寝たきりの高齢者が多い病院での話。病状が急変しても蘇生措置はしてほしくないと事前に伝えている患者がほとんど。そこでは、たとえば重い肺炎やインフルエンザにかかったとき、意識のない本人に代わって家族は「静かにみとってください」と言うことが多いという。

 ところが、院内感染などで新型コロナにかかった途端に事情が変わるらしい。家族は「人工呼吸器でもなんでもつけて、とにかく『コロナで死亡』だけは避けてください」と懇願してくるのだという。一緒にいたもう一人の医師も「そういうことはよくある」というから特殊なケースではないのだろう。

この記事は有料記事です。

残り527文字(全文891文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集