特集

ミャンマークーデター

ミャンマー国軍がクーデターを起こし、アウンサンスーチー氏らを拘束。市民や国際社会からは抗議と批判が相次いでいます。

特集一覧

「助けてお母さん」炎の中で叫ぶ 死亡のミャンマー男性 地元メディア報道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
治安部隊が発射した催涙ガス弾を投げ返すデモの参加者=ミャンマー第2の都市マンダレーで2021年3月27日、AP 拡大
治安部隊が発射した催涙ガス弾を投げ返すデモの参加者=ミャンマー第2の都市マンダレーで2021年3月27日、AP

 国民による軍政への抗議運動が続くミャンマーでは27日、治安部隊が第2の都市マンダレーで重傷を負わせた住民男性を生きたまま炎の中に放り込み殺害するという惨劇が起きた。オンラインメディア「ミャンマーナウ」が複数の近隣住民の話として伝えており、男性は炎の中で「助けてお母さん」と叫んだ後に絶命したという。

 ミャンマーナウによると、惨劇の現場となったのはマンダレー中心部の市街地だった。付近に住む40歳の男性は、抗議運動のバリケードに使われていたタイヤが燃えているのに気がつき、火を消そうと試みた。直後に治安部隊に撃たれ胸部を負傷したうえに、燃えているタイヤの上に乗せられたという。この間も銃撃が続いていたため、近隣住民らは男性を助けられなかった。

 男性には4人の子どもがいて、米原料の飲み物「ライスドリンク」を売って生計を立てていたという。【畠山哲郎】

【ミャンマークーデター】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集