救助犬で協定 災害時に出動しやすい環境整備 岩手・大槌町と団体

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
災害救助犬をトレーニングする佐々木光義さん。町との協定締結で円滑に活動できることが期待される=岩手県大槌町で
災害救助犬をトレーニングする佐々木光義さん。町との協定締結で円滑に活動できることが期待される=岩手県大槌町で

 岩手県大槌町は25日、救助犬所有者らでつくる任意団体「災害救助犬サポーターズクラブ大槌」と、救助犬の出動に関する協定を結んだ。町の災害対策本部を置く中央公民館に救助犬用テントを設置するなど、活動しやすい環境が整えられる。

 地震・津波や洪水・土砂災害時などに、救助犬の受け入れや関係機関との調整を円滑に行うのが狙いだ。団体の…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文405文字)

あわせて読みたい

ニュース特集