文化か迷惑行為か 神奈川でスケボー取り締まり強化 ボーダー反発

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新横浜公園内の「スケボー広場」でスケボーの技を練習するボーダーたち=横浜市港北区で2021年3月18日午後2時12分、池田直撮影
新横浜公園内の「スケボー広場」でスケボーの技を練習するボーダーたち=横浜市港北区で2021年3月18日午後2時12分、池田直撮影

 神奈川県警が、禁止場所でのスケートボードの取り締まりを強化している。スケボーは今夏の東京オリンピックで正式種目となり、競技人口も増える一方で、近隣住民から寄せられる騒音などの苦情も増加。ストリート文化として発展してきたスケボーは路上のパフォーマンスが原点で、取り締まりにはボーダーたちの反発や困惑もある。スケボーは「受け入れるべき文化」なのか、それとも単なる「騒音や危険の発生源」なのだろうか。【池田直】

この記事は有料記事です。

残り1597文字(全文1800文字)

あわせて読みたい

注目の特集