特集

LGBT

性別にとらわれず自分らしく生きるために、声を上げる人たちが増えています。当事者の思いや社会の課題を追います。

特集一覧

LGBTQと性暴力

「多様な性」想定しない法律 過小視されるレイプ被害

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
性暴力被害を経験した当事者で、性暴力サバイバーの支援などに取り組んできた宇佐美翔子さん=本人提供
性暴力被害を経験した当事者で、性暴力サバイバーの支援などに取り組んできた宇佐美翔子さん=本人提供

 2017年の刑法改正は、性犯罪に対して厳罰化するとともに、女性のみに限られていたレイプの被害者の性別を、男性にも広げた。だが、LGBTQの当事者や識者からは、現在の法律は性的少数者の被害を含め現実の被害実態にはまだ遠く、そのことが一部のレイプ被害を過小視することにもつながっているとの指摘が出ている。多様な性のあり方を踏まえて、どう法整備を進めていくべきなのか。見過ごされてきた性犯罪法の問題点について考えた。【藤沢美由紀/統合デジタル取材センター】

(※この記事には性暴力に関する具体的な記述があります)

 まずは、何が法律上レイプとされるのかを確認したい。2017年、刑法改正で「強姦(ごうかん)罪」は「強制性交等罪」に名称が変わ…

この記事は有料記事です。

残り2565文字(全文2881文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集